Food / Jul 10, 2018

バンクーバーで自炊生活。おすすめ&安い食材8選

月の食費は抑えたい、でもバンクーバーの食材って何が安いの?と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。特にワーキングホリデーや学生さんでカナダにいらしている方は生活コストはなるべく抑えたいですよね。私が2年間バンクーバーに住んで発見したおすすめ食材リスト、ご紹介します。

こんにちは、毎週金曜日のNo Frills(カナダ系格安スーパー)フライヤーチェックが趣味のMeguです。突然ですが皆さん、月の食費はどれくらいでしょうか?
あるWebsiteによるとバンクーバーに住む人が一ヶ月にGroceriesに使う平均は、2017年時点でおよそCA$212.36とのこと。(Dine out[外食]は除く。)これを多いと見るか少ないと見るかはその人の自炊率でかなり変わってくると思いますが、これと比較して我が家は、CA$250(日本円で約21000円)/2peopleで大体収まるようになんとかやりくりしています。自分で言うのも難ですが、かなり頑張っている方だと思いませんか?

ちなみにBC州、嗜好品は除き、野菜やお肉など基本的な食料品はGST(国に払う税金)&PST(州に払う税金)ともに税金がかかりません。これはもう、自炊で節約しないわけには行かないですね!

というわけで今回は、バンクーバーでおすすめの安い食材やこちらならではの食材をピックアップして行きたいと思います。記載の価格は私の最寄りの数店舗(Mt. Pleasant area〜East Side)でチェックしたものです。エリアやストア毎に違う場合もありますので参考程度にお願いします。
(※値段の情報は2018年7月4日現在[1ドル84円]のものです。)

おすすめの食材


Chickpeas ひよこ豆

Lea ✌🏻さん(@lea.bowls.your.mind)がシェアした投稿

ベジタリアンやヴィーガンも多いバンクーバー。ひよこ豆は彼らのタンパク源としても人気です。缶詰の大体500mlくらいのものでCA$0.79〜0.99(100円以下)くらいと大変お得。お給料前に食費を抑えたいときなどに特におすすめです。

我が家での定番はサラダ、スープやトマト煮。ちなみにヴィーガンの方はご存知かもしれませんが、缶の汁または乾燥ひよこ豆の茹で汁からメレンゲもつくれます。捨てるところ無し!

celery セロリ

我が家の近くのスーパーマーケットではCA$0.58〜0.69/lbです。かなりの量が輪ゴムに括られて売っているので、食べ切れない場合は一口大に切って冷凍庫へ。そのまま調理しても良いですし、お好みのミルクとバナナと共にミキサーにかけてスムージーもおすすめ。冷凍したセロリを使えば氷が要らないので味が薄まりません。

そのままスティックにしてポリポリ食べても美味しいですし、浅漬けにしたりピラフやスープにいれたりしても美味しいです。なにげに使い回しのできる食材です。

Cucumber きゅうり

Bethanyさん(@bethany_kindel)がシェアした投稿

大きいものは一本でCA$0.88か、小さい物がパックに6本くらい入ってCA$2.00くらいです。特に夏場は安くなるのでおすすめです。
日本の物より立派な物が多く、味は青臭さが少ないです。サラダの嵩ましは勿論、ナムルや和え物に是非。

Zucchini ズッキーニ

Willowさん(@willygoat_adventures)がシェアした投稿

キュウリと似て非なるもの、ズッキーニ。こちらも安いときはCA$0.79/lbほどです。
日本ではそこまでメジャーではないかもしれない(?)食材ですが、こちらでは定番の野菜ですね。油との相性がいいので、炒め物や揚げ浸しもおすすめ。

他にはパスタやシチューにいれたり、オープンオムレツに入れるのもGood!
(いないかもしれませんが)使ったことがない方、大丈夫です。茄子と同じような感じで使えます。

ちなみにズッキーニはカリウムやカロテン、ビタミンB・Cを多く含む栄養価の高い野菜です。特にビタミンCを取りたい方は加熱処理せずにお召し上がりください。ただ塩揉みして昆布と和えるのも美味。

Bellpepper パプリカ

日本で売っている物よりも肉厚でみずみずしい!というのが私が初めてこちらでパプリカを買った時の印象でした。

茄子と前述のズッキーニと一緒に夏野菜カレーにするもよし、中にお肉を詰めて調理するもよし、ピクルスにしたり赤オレンジ黄色のバリエーションを活かしてサラダの彩りにするもよし、もう本当に大活躍です。

Pea sprout 豆苗

Ashtangichelseaさん(@boxingyogini33)がシェアした投稿

アジア系スーパーでは定番商品。両手でぎりぎり掴める程の束が袋に入ってCA$2程度の時もあります。スープや炒め物、副菜に大活躍。うちではおうちでラーメンを作る時の一品として定番です。

豆苗はビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸といったビタミンB群が豊富。安いくせにすごい野菜です。

骨付きチキン

Priyanshu Kumarさん(@therawtextures)がシェアした投稿

お肉の中でも鶏肉は牛や豚と比べて安いのでおすすめです。特に我が家で大活躍なのが骨付きチキン。1個のパックに沢山入って売っているので、買ったら小分けにして冷凍保存しておいて一ヶ月を目安に使い切ります。

オーブンでグリルするのもよし、少し切れ込みを入れてから、かぶるくらいのお水とショウガや人参、セロリなどの野菜と一緒にお鍋に入れて数時間煮込んでボーンブロス(出汁)を作るのもよし。このボーンブロスをスープやカレー、ラーメンに使うと最高です。

Chayote ハヤトウリ

RNlyn1さん(@rnlyn1)がシェアした投稿

日本語だとハヤトウリやセンナリウリというようです。こぶしぐらいの緑色の野菜です。日本では聞き慣れないと思うのですが、こちらのスーパーマーケットでは割と頻繁に目にします。1個だいたい1ドル程度が相場です。

アボカドのように中に種があるので、半分に切って種を取り出してください。食感はキュウリに近いでしょうか。特にクセのない食材なので、和えたり炒めたりスープに入れたり煮込んだり調理のバリエーション豊かです。

まとめ


いかがでしたでしたか?試してみたい食材はありましたか?海に囲まれたバンクーバーなのにお魚系が一個もなくてすみません…(不味くはないんですが、高いんです…)。

我が家は月に2〜3回、私の息抜き用に外に食べに行きますが、こちらのトータルは2人で平均CA$100(日本円で約8400円)と言ったところ。これを合わせてもバンクーバー人がひと月にご飯に掛けている平均コストより低い!ということでやはり自炊強しです。
今回の記事が少しでも、節約生活を目指している方の家計の手助けになれば幸いです。