Food / Jul 18, 2018

バンクーバーのカフェ好き必見!可愛いハイティーで女子会を楽しんじゃおう!

せっかく海外に来たんだからそこでしか体験できないことをしたい!って思っている方はいませんか!そんな方に是非おすすめしたいのがハイティー!とびきり可愛い空間で美味しい軽食お菓子とお茶が楽しめて、お腹も気分も幸せいっぱいになれちゃうんです。「あー海外に来て良かった!」と心底思える、そんなバンクーバーの人気ハイティーのお店をご紹介しちゃいます!

おしゃれでカッコイイカフェが多いバンクーバー。フラッと入ったり、勉強するには最高の場所。でも友達とお茶を楽しむにはなんだかシンプルすぎて物足りないって思ってる女子はいませんか?!そんな女子にぴったりなのが今回ご紹介する「ハイティー」なんです。もしかすると初めて聞く言葉かもしれませんね。

私自身、数年前にワーホリでカナダに来て初めてハイティーのことを知りました。私を訪ねてカナダまで来てくれた女友達と一緒に行ったら二人共、もうその可愛さ・非日常空間に大興奮!あなたもハイティーを体験すれば、カナダに来てよかったーと思えるはず!



ハイティーって何?

優雅なお茶会「アフタヌーンティー」って聞いた事あるけど、ハイティーって言葉はあまり馴染みがないですよね。そもそもハイティーっていうのは英国で労働階級や農民の人たちがアフタヌーンティーを楽しむ事が出来なかったため、仕事が終わって夕食を兼ねた食事のことをハイティーと呼んでいたようです。ハイティーのhighは高いテーブルで食事をしていた事からハイティーと言うそうです。

一方で上流階級の人たちがオペラやクラッシック鑑賞の前に愉しんでいたアフタヌーンティーは低いテーブルで行われていたので、ローティーとも呼ばれているそうです。ハイティーっててっきり高貴なお茶タイムと思っていたんですが違ったんですね!

北米でアフタヌーンティーがハイティーと呼ばれているのは、イギリスの植民地時代に伝わったhigh teaのhighの意味が「high class」という意味で優雅な高貴なティータイムとして誤認して広まったからだそうです。本来の労働者のハイティーとは全く違う文化で北米には広まっているんですね。

ハイティーの楽しみ方。1段目から始めよう!

ハイティーは三段のトレイでサービスされます。この三段トレイが女子心をぐっと掴むんですよね!テーブルのスペースを有効に使う為で、広くてスペースのあるテーブルだと三段トレイは使用されない事もあるそうですよ。三段もあると、まずどこから食べ始めていいのか迷いますよね。高貴な人たちが愉しんでいたアフタヌーンティーだけあって、本場イギリスでは食べ方のマナーがあるようです。

1段目はサンドイッチ、2段目3段目はスイーツとスコーンとなっているのがバンクーバーのハイティーの基本。まず、一番下の軽食サンドイッチから攻めていきましょう!これさえ知っていればあなたもハイティーマスター!胸を張ってハイティーを楽しめます(笑)

そして順番に2段目、3段目という感じで下から順番に食べ進めていくのが基本マナー。軽食のあとはスコーン、スイーツと食べ進めていくのがいいそうですが、バンクーバーのハイティーのお店は3段目がスコーンになってたり、順番がまちまちなので、1段目に手をつけたらそのあとはスコーンでも、スイーツでもどちらでも好きな方を好きなように楽しみましょう!

こんなラフな感じが北米バンクーバー流。あと忘れていけないのが、ティーカップ!一個一個違うおとぎの国から来たような可愛いらしい英国製のティーカップを鑑賞するのも楽しみの一つ。

バンクーバーでハイティー・アフタヌーンティーが楽しめるお店ってこんなにある!


【ダウンタウン】


Patisserie Für Elise

ダウンタウンのおしゃれな一角Yaletownはずれ、バンクーバー市立図書館のちょうど裏手にある アフタヌーンティーが人気のお店。1893年築のとってもかわいいビクトリア調の歴史建造物(ヘリテージハウス)で優雅なティータイムを楽しめます。マカロンやシュークリーム、マドレーヌなどフレンチペストリーを楽しめるのが特徴。
Afternoon tea $30(約2,560円 1CAD=85.32円)(2時間)

TWG Tea Salon & Boutique

A post shared by TWG Tea Canada (@twgteaca) on

台湾発の超高級紅茶店TWGの路面店でハイティーが楽しめます。スコーンと紅茶のセットなら$19~。超リッチな空間で最高のティータイムを。
Tea set $19~(約1,620円 1CAD=85.32円)

【ケリスディール】


Rose House

おしゃれな街ケリスディールはハイティーの激戦区と言っても過言ではないくらい、ハイティーのお店が充実してます。その中でもSecret Garden Teaと人気を二分するのがこのRoseHouse。自由が丘マダムならぬケリスディールマダムに人気のちょっと落ち着いた空間で優雅に楽しむハイティー。
Prince William $32.95(約2,810円 1CAD=85.32円)

Adonia Kerrisdale Tea House

英国調のビンテージなフローラル壁紙がとびきり可愛いティーハウス。インテリア好きさんにおすすめのお店。
Afternoon tea $33(約2,815円 1CAD=85.32円)

【メトロタウン】


Audrey Moment Afternoon Tea & Cafe

バンクーバーのお隣の街メトロタウンエリアにあるとびきり可愛いティーサロン。なんといっても鳥かごのような三段トレイがもう女子心をくすぐりまくりです!
Classical English Afternoon tea $28.50(約2,430円 1CAD=85.32円)

【リッチモンド】


Adorabelle Tea Room

リッチモンド南の人気観光地スティーブソンにある可愛い一軒家のティールーム。オーナーの母親とその娘さんの夢がいっぱい詰まった空間で家庭的なハイティーが楽しめます。
Afternoon tea $36(約3,070円 1CAD=85.32円)

L’Opera Patisserie

ちょっとお高めですが、前菜からデザートまでたっぷり楽しめちゃうボリューム満点のハイティー。
High tea $48(約4,095円 1CAD=85.32円)

厳選!ハイティーが楽しめるオススメ店2選!


数多くあるハイティーのお店の中から特に行って欲しいお店を2つご紹介します!

見た目重視派のあなたに!『Secret Garden Tea』

バンクーバーの「自由が丘」と勝手に私は位置付けているおしゃれな街「ケリスディール」にあるとびきり可愛いカフェ。グリーンとクリーム色を基調とした英国風の店内にはいつも女性でいっぱい!ここのハイティーでオススメなのがスコーン!一緒についてくる秘密の美味しいクリーム「クロテッドクリーム」をたっぷり塗ってジャムと一緒に食べればもう幸せ!

稀にスイーツが劇甘い時もありますが、どんなデザートに当たるかもハイティーのお楽しみ!見た目はとっても可愛くてインスタ映え間違い無し!
High tea $35(約2,990円 1CAD=85.32円)

美味しさ重視のあなたに!『Neverland Tea Salon』

キツラノのWブロードウェイ沿いにある、ピーターパンの国ネバーランドの名前がとっても可愛いティーサロン。ここのハイティーで嬉しいのがメニューに「Never-ending pots of tea」とあるように紅茶飲み放題!普通は同じお茶のポットにお湯を足してくれるぐらいですが、ここは種類の違うお茶を何杯でも好きなだけ楽しめちゃうんです!といってもお腹がタプタプになってしまうので、頑張って3,4回ぐらいですが。

ぜひ一度飲んで欲しいのが「ロンドンフォグ」。大きなマグでクリーミーで美味しいミルクティーを提供してくれます。スイーツも甘すぎず美味しくて、サイズも大きめなので、お腹も大満足!ティータイムの間に店内に隠れてるピーターパンを探してみるのも楽しいかも。
High tea $38(紅茶飲み放題)(約3,240円 1CAD=85.32円)

ハイティーが半額で楽しめる裏技!


ハイティー、とっても楽しいけど、お値段がお高い。。そんなあなたに朗報!!オススメしたNeverland Tea Salonが半額で楽しめる裏技があるんです!

それはentertainment bookというクーポンブックを使うんです。モバイル年会費US$8で75,000以上の様々なクーポンが楽しめちゃうお得な本なんです。クーポンのほとんどが「2 for 1」なので、お友達やカップル・家族で行って2個頼んだら1個無料=実質半額で楽しめちゃうって訳です。

残念ながら今年のentertainment bookは売り切れのようなんですが、バンクーバーのお役立ちサイトcraigslist(クレイグスリスト)で「entertainment book」って検索すれば一冊$7とかで売ってたり、個々のクーポンを$2とかで売ってる人もいるので、Neverland Tea Salonの「high tea 2 for 1」クーポンを激安でゲットできると思います!$38が半額になればかなりお得にお友達とハイティー楽しめちゃいますよ!オススメの裏技です。

まとめ


今回ご紹介したハイティー、お友達やご家族ととびきり楽しい特別な海外での時間を過ごせること間違い無しです!バンクーバーに来たらぜひ一度、本場イギリスとは一味違った、多国籍バンクーバーならではのミックスカルチャー アフタヌーンティー=ハイティーを体験してみてください!最高の思い出作
りになるはずです!