Living / Nov 2, 2018

【バンクーバー】あなたにぴったりのお部屋探し!

カナダについてどこに住もう、ホームステイ?シェアハウス?アパートを借りる?いろいろなオプションの中あなたにぴったりのお家を見つけられるように各家のメリットとデメリットを紹介していきます。

バンクーバーに来てから、何回も家を移動して合計で5件の家に住みました。(落ち着きがないです笑)最初はホームステイにいたのですがそのあとはボーイフレンドの家、シェアハウス、賃貸アパートに住んで、現在はシェアハウスに住んでいます。全部違って、比べると言うよりは自分のスタイルに合わせて選んで行くものだと思うので自分で一番合うな、と思うものを見つけてもらえたら嬉しいです!

ホームステイ

私が最初カナダに来た時は18歳の未成年で、19歳(バンクーバーでの成人年齢)になるまでは保護者の元で暮らさないといけないというルールがあり、ホームステイに暮らしていました。

デメリット

18歳以下で一人で留学に来るなら絶対というほどの確率でホームステイすることになると思います。
まとめて簡単に言ってしまうと、ホームステイで楽しくうまくやって行く一番の方法は
ホストファミリーと仲良くすることです。

エージェントを通して来る方が多いと思うのですが、各エージェントそれぞれのルールがあり門限など決まっている場合が多いです。
高校生の時の日本人の友達のエージェントのルールで、夜の10時までにホームステイに帰らないとホストファミリーがエージェントに連絡して三回門限を破ったら帰国させられる、などありました。私の家の場合は泊まりに行きたい時は毎回日本にいる親に、エージェントとホストファミリーにメールを送ってもらってからではないとお泊まりに行けなくて、いちいち手間と時間がかかりました。(*ホストファミリー、エージェントによりそれぞれ結構変わってきます。)

未成年ではなくても家のルールとして11時までに帰って来なければいけないというホームステイもあったので、本当に家庭ごとそれぞれ違ったルールがあります。

メリット

ホームステイに住んでいるのあたっての私が一番良かったなと思うのは、三食含まれていたので毎日家でご飯が食べられることです。クリスマスやサンクスギビングなどのイベントの時に親戚などと一緒にディナーを食べたりすること。一緒に旅行にも連れてってもらえて、もしシェアハウスに暮らしていたらこういうことは自分で計画する限りないと思うのでここはホームステイでよかったと思うポイントの一つです。

ごはんが毎日出てくるのはメリットでもありデメリットでもあり、家で食べても食べなくても結局月のお金に含まれているので外で食べた時も家にお金を払っていることになる。というのともう一つのデメリットは、その家のご飯の味が合わない時です。私はベジタリアンなのでホストファミリーにお肉を抜きで作ってもらっていたのですが気を使いました。

どんな人に向いている?

ホームステイは、日本で家族と一緒に住んでいてバンクーバーに来てもなるべく家族のような人たちと一緒に暮らしたい方、お料理をする時間があまりない人などアットホームな環境が好きな方に向いていると思います。

シェアハウス

前住んでいたシェアハウスは、アパートに私ともう一人で住んでいて、現在のところは一軒家です。家それぞれ違うので全部のシェアハウスにこれが当てはまるというわけではないのですが、家を選ぶにあたって最初にルールを確認しておくと良いと思います。

デメリット

何人も人が住んで居る場合、時間が被らないようにずらさないといけないことですかね。別に会ったら嫌だ、というわけではなくても同じ時間にみんなが被ってしまうと不便ですし、家を選ぶ時はそこに何人住んでいて、何人でキッチンやバスルームをシェアすることになるのか最初に確認するべき。マンションのときのほうが人数が少なくて楽でした。私のマンションは二人でシェアだったのですが、それ以上のところが多いのです。

他のデメリットと言えば私の前回の家は家に友達を呼べなかったことで、今回の家は家に友達を泊められないということです。日本からせっかく友達が来ても家に泊めてあげられないなど少し不便ですね。私の友達のシェアハウスではお泊りオーケーなのでこれも気にする方は、注意するべき。

メリット

人と暮らしていると言っても自分のスペースがあるのでいつでも自分のペースで暮らせるということ。夜に帰る時間を気にしなくて良いことや、キッチンに全てものが揃っているのでなにも心配せずに、スーツケース一つでカナダに来られた方でもすぐに安心に生活を始めることができてなにも買い揃えなくても平気、ということ。
トイレットペーパーは自分で買うところもあれば元からあるところ、お米を無料でくれるところなどもあるようです。

どんな人に向いている?

お金を節約したい人、ホストファミリーと時間を過ごしたいというより、
自分の時間が欲しい人。

賃貸アパート

デメリット

基本的に全て自分で手配しないといけないので、Wi-Fiや電気を登録しなくてはいけないので手間がかかるのと、シェアハウスに住んで居る時よりお金がかかるということですね。シェアハウスとは違いお皿からベットまで揃えることになってしますので出費が多くなってしまいます。

私たちのユニットには洗濯機が付いていなくて、ロビーにある洗濯機と乾燥機に毎回トータル4ドル払わなくてはいけなかったのでもし洗濯機が付いてないアパートを選んでしまうと洗濯が大変になるのでそこは注意をした方がいいと思います。

メリット

シェアハウスやホームステイと違って完全に自分のものになるので人に気を使わなくて良いこと。
私は仲のいい友達と一緒に暮らしていたので楽しかったです。逆に家に何かあった時は自分の責任なるのでそこも気に留めておくと良いですね。

どんな人に向いている?

ある程度の期間、バンクーバーに住んで行く予定がある方におすすめです。お金も手間も時間もかかるので、あまり短い期間だけのためにアパートを契約するのは避けたほうがいいです。大体アパートを借りる時のミニマムの期間が3ヶ月になっているので3ヶ月だけの契約も可能ですが、そうするよりもシェアハウスにスーツケース一つで入居してしまう方がよっぽど楽です。

まとめ

何を一番優先するかによって住むとこが変わって来ますね。さて、自分が好きなスタイルを見つけられたでしょうか?バンクーバーで良いお家を見つけて快適に過ごしてくださいね。