Living / Jun 17, 2018

カナダでマリファナが合法化!

当然のことですが、日本で生活していると大麻は違法なものとして認識され、所持しているだけで逮捕されます。しかし、世界の中には大麻が合法的な国もあり、カナダもその国の1つです。これまではカナダでは医療用大麻は合法とされていましたが、ついに2018年夏に完全合法化されるようです。

当然のことですが、日本で生活していると大麻は違法なものとして認識され、所持しているだけで逮捕されます。しかし、世界の中には大麻が合法的な国もあり、カナダもその国の1つです。これまではカナダでは医療用大麻は合法とされていましたが、ついに2018年夏に完全合法化されます。

カナダでマリファナはどんな感じで認識されてるの?

日本では、マリファナ=ドラッグなので使用はもちろん、所有していることすら違法なのは当然の認識です。

それではカナダではマリファナはどう認識されているのか。

まず、呼び方は

  • Cannabis(キャナビス)
  • Weed(ウィード)
  • Marijuana(マリワナ)
  • Pot(ポット)

といくつかの呼び方があり、特に元々は「雑草」という意味のWeed(ウィード)という単語が呼び名として多く使われています。

カナダにおけるマリファナのポジションとしては、リラクゼーションの一種と捉えられ、日本ほど悪いイメージはないものなんです。

公務員や教師の中でもも吸っている人もいるし、マリファナよりもむしろお酒の方が悪いものとして捉えられているくらいです。

これについては科学的にも根拠があるようで、お酒の方が脳に悪影響だとの見方があります。

また、高校でも校舎を歩いているとマリファナの匂いがプンプンしてきたり、

学校の中で先生にマリファナが見つかっても、「こら。没収だぞ。」で済むくらい。(お菓子感覚かよ。)

日本人だとマリファナは見たことがないのでは?と思いましたので、ちなみにどんなものかというと、

マリファナ

と、こんな感じ。個人的にはいかにも体に悪そうな見た目ですけどね。。。

カナダは歴史的に見ても、医療用大麻を合法化した最初の国なので、見方によってはマリファナ先進国と言えるかもしれません。

完全合法化の内容

それでは、なぜ完全合法化されるのかというという点に焦点を当ててみましょう。

もともとカナダではマリファナは薬用としてストレスが溜まっている人や睡眠不足の人に対して処方される医療目的で使用されていました。

しかし、処方を受けるにはある程度きちんとした理由が必要であり、処方をしてもらえないこともありました。その結果、覚醒剤などドラッグへと手を伸ばす人が増えてしまい、メンタルが出来上がっていない多くの若者も例外ではなく、ドラッグに溺れてしまう、という事態になってしまっていました。

そこで、

  • マリファナを合法化することによって子供達の薬物乱用を防ぐ
  • 犯罪組織(ギャング)へのマリファナ収入源の根絶

ということを二大目的として取り組む、というわけです。ドラッグにハマって人生を台無しにするよりはまだ依存性の少ないマリファナを完全合法化して、少しでも事態の回復を試みようということなのでしょうが、日本人からすると、ぶっ飛んだ考えに思えてくるのではないでしょうか。

とは言っても、カナダではこれまでも道端でマリファナ販売しているテントのようなものもあり、すでに日常の中ではあって当たり前のものになっているので今回のマリファナ完全合法化の効果はどの程度あるのだろうか、とも思います。

政策の細かい内容は以下のようなものです。

  • 1人30グラムまでのマリファナの所持がOK。
  • オンラインでも購入ができる(かも)
  • 18歳以上の成人であれば誰でも購入可能
  • マリファナの栽培が家でもOK
  • マリファナ使用後の車の運転はしてはいけない
  • 犯罪組織から販売されるマリファナは違法

世界的な動き

こうした動きは広が理を見せていて、世界各国でもマリファナ合法化の動きが出てきています。カナダは世界で2番目に完全合法化した国で、1番目はウルグアイです。(サッカーの古豪ですね。)また、アメリカの一部の州やスペインなどの欧米諸国なども合法化してきていて、着々とマリファナ完全合法化国が出てきています進。その動きとは裏腹に、日本では依然として大麻は薬物の1つとして違法なものという位置付けになんら変わりはない、というのが現状です。

また、こうした世界各国の動きに合わせて、「大麻ビール」の販売が始まりかけているようです。

ビール「大麻ビール」とは大麻から醸造したビールのことで、大麻ワインなどはすでにあったようですが、「大麻ビール」は世界初。

実は横浜にも大麻ビールなるものを出すバーはあるようですが、そこで出しているのは「Cannabia」というもので、大麻の種子エキスを使ったもの。今回の動きに合わせて作られる「大麻ビール」は完全に大麻から作られているビールなので根本的に違うもののようです。

カナダでマリファナ、誘われたら

カナダの人は日本の大麻禁止事情なんて知るよしもないので、カナダで生活しているとマリファナを勧めてくることもあります。そこで、どうしても吸いたくない、というときは当然、断ることもできますのでご安心を。

断る際は「匂い」を使うと良いです。

「私、マリファナの匂いがスカンクのおならみたいで本当にダメなんです。」

こう言ってしまえばお断りできます。

まとめ

  • 2018年夏からカナダでマリファナが完全合法化
  • マリファナを合法化することによって子供達の薬物乱用を防ぐことと犯罪組織(ギャング)へのマリファナ収入源の根絶が目的
  • 誘われたら「スカンクくさくてNONONO!!」と断りましょう。

注意

canarieの当記事は大麻及びマリファナの使用を推奨するものではありません。あくまで、カナダの実情をお届けしているにすぎません。

またカナダ国籍の方と違い、日本国籍であれば、カナダ国内での大麻使用やその関与が日本の法律により罰せられる場合があります。すべての行動は自己責任により行ってください。canarieはこれによる如何なるトラブルや損害においてもその責任を負いません。