Living / Aug 31, 2018

【バンクーバーで古着屋さん巡り】メインストリートでおしゃれを楽しむ!

ダサい国ランキングワースト3にランクインするくらいおしゃれに無頓着なカナダ。ショートパンツにタンクトップ姿のカナディアンを見慣れたせいで、自分もおしゃれを忘れがち。それでもおしゃれを楽しみたい方必見!バンクーバーの下北沢でショッピング!

メインストリート

メインストリートはダウンタウン(グランビルSt)から、エキスポラインまたは3番のバスで50分ほどのおしゃれストリートです。日本でいうと下北沢のような場所!

音楽、ファッション、アート、グルメなどのたくさんのサブカルチャーが集結しています。おしゃれなお店か集中しているエリアは、メインストリートイースト7thAve.からイースト30thAve.の2.5kmくらいです。

まっすぐ歩くと30分ほどですが、お店に入りつつブラブラすると半日〜1日中遊べちゃいます。美味しいものもたくさんあるのでぜひぜひご紹介したいのですが、この記事では古着屋さんに絞ってご紹介いたします!

新しい服が多い古着屋さん3選

Aunt Leah’s Urban Thrift(7th Ave.)

1店目は私が個人的にかなり推してるお店です。なんと言ってもその安さ。安いものでは3ドルから。

ほとんどの衣類、アクセサリーが10ドル以下で手に入ります。すごくおしゃれと言うわけではありませんが、掘り出し物を探すのが最高に楽しいです。私はカナダの有名ブランドRootsのナイロンポシェットをなんと3ドルでゲットしちゃいました!

しかもこのお店は里親システムを支援する非営利団体のリーダーにより運営されているため、利益は全額里親システムの改善のために寄付されます。安くて魅力的な古着をゲットできる上に、社会にも貢献できるなんて気分最高です。

インスタはダサいですが、掘り出し物狙いでぜひ足を運んでみてください。ホームページはこちら

Turnabout(13th Ave.)

このお店はちょっとお姉さん向けです。

「真の贅沢は決して処分できない」がコンセプトのお店なので、ブランド品が多く、古着の割に価格帯もかなり高いです。

その代わり品揃えが豊富で、有名どことのブランド品は一通り揃っています。バンクーバー州だけでも6店舗展開しており、店内には常にたくさんのお客さんがいるので、人気店だということが伺えます。ネットショッピングも可能なので、ホームページでその豊富な商品からお気に入りを探してみてください。ホームページはこちら

Front & Company(22thAve.)

このお店はウィンドウのディスプレイにやたらと強いこだわりを持っており、ついつい興味をそそられて店内に入ってしまします。

衣類は古着ですが、アクセサリーは自社でデザインした新しいものも販売されているんです。またタンブラーやノートなどの雑貨も取り揃えられており、新旧が融合したラインナップが魅力的です。

店内の雰囲気は明るく広い、ゆったりとしたレイアウトで、ブランド物は目立つところにたくさん並んでいます。ホームページはこちら

ヴィンテージの服が多い古着屋さん5選

F as in Frank Vintage Clothing(8thAve.)

このお店はストリートファッションに特化しており、特に90年代のスタイルを追求。リメイクされた服も多く、古着好きにはたまりません。

トロントとオンタリオにも店舗を構えており、合計3店舗の展開。ホームページから通販での購入も可能なので、メインストリートまで行くのだるいなぁと思う方は画面上で確認してみてください!ホームページはこちら

Bohemia Gallery (16thAve.)

オレンジの外観がとっても可愛いこちらのお店は、店名のとおりボヘミアンスタイルの衣類が中心です。

古着屋さんでは珍しい2階建てで、古着が所狭しと並んだ空間は、訪れるだけで幸せを感じられること間違えなし。「ボヘミアンシックがレトロクレイジーに出会う」がコンセプトのこのお店は、自分たちでクレイジーと言うだけあって、挑発的な衣類がたくさんです。

私が1番好きなお店なので、ぜひ訪れてみてほしいです!ホームページはこちら

C’est La Vie Consignment Boutique(16thAve.)

ピンクの外観が可愛いこちらのお店は、先程ご紹介したBohemia Gallery の真隣に位置し、この2店は店内の通路で繋がっています。

こちらのお店もボヘミアンスタイルが多めの2階建て。店内にはヴィンテージのドレスや毛皮のコート、個性的なコスチュームジュエリーなど、ハードルの高い商品がたくさん揃えられています。

店員さんがとってもフレンドリーなのも魅力のひとつ。ハードルの高い服でもバンバン試着できるので、新しいスタイルを開拓できます。ホームページはこちら

Lines Clothing(22thAve.)

ホームページもインスタもない本当に小さな古着屋さんですが、とっても魅力的な商品が揃っています。

特にバッグの品揃えが異常に多く、日本だと50ドルはするであろうヴィンテージのバッグが、半額の25ドルほどで手に入ります。衣類はレディースとメンズの半々くらいで、誰でも楽しめるショップです。

True Value Vintage & I Found Gallery(30thAve.)

かなり広い店内に、厳選されたヴィンテージの衣類がゆったりと並んでいます。

音楽もおしゃれで、アクセサリーは手作りの物が多く、ときめきが止まりません。どちらかと言うと、レディースの品揃えが豊富でメンズは少なめ。60年代〜90年代のものが中心となり、タグには年代が書かれているのですごく分かりやすいです。

価格は60ドル以上と、やや高め。でも60ドルが安く感じるほど魅力的。お店が密集している場所と少し離れてしまいますが、訪れる価値ありです。ホームページはこちら

おわりに

いかがでしたか?これだけのお店が揃っていれば、カナダでも自分なりのおしゃれを追求できること間違えなし。ダウンタウンに飽きてきたら、次はメインストリートを楽しんでみてはいかがでしょうか?