Trip / Jun 23, 2018

バンクーバー美術館を徹底レポート!

バンクーバーの観光名所の1つであるバンクーバー美術館。芸術に関心がない人でも楽しめる、バンクーバー美術館の利用方法をレポート!雨の日が多いカナダだからこそ、屋内で楽しめるアートの世界に1歩踏み込んでみましょう。

美術館って、高級な人たちが高級な絵画を静かに鑑賞する場所。っていうイメージがありませんか?

わたしはそんなイメージを抱いていたので「いざ!」と気合を入れて訪れたのですが、全く気張る必要なかったです。笑

カジュアルな雰囲気でワイワイと気軽に鑑賞する人たちばかりで、芸術に詳しくないわたしも大満足に楽しむことが出来ました!今回はどんな人でも楽しめるバンクーバー美術館の魅力をまるっとレポートしていきます!

営業時間


定休日がないのがありがたいですね!
6/22からはサマーシーズンのため、金曜日の営業時間が延長になっています。延長期間終了の日程は未定です。

曜日営業時間
Mon10:00 - 17:00
Tue10:00 - 21:00
Wed10:00 - 17:00
Thu10:00 - 17:00
Fri10:00 - 21:00
Sat10:00 - 17:00
Sun10:00 - 17:00

クローク


持ち込みが禁止されているものは全てクロークに預ける必要があります。

持ち込み禁止物

  • リュックサック
  • カメラ
  • 食べ物 / 飲み物
  • 大きな袋

ホームページには「持ち込み禁止物」の中にカメラもありましたが、わたしが訪れた時はデジカメを持ち込んでもOKだったので、一眼レフなどの高度なものがNGになるのかなと思います。もし高度なカメラを持参する場合は、事前にカウンターで確認してみてください。

持ち込み禁止物だけでなく、大きな荷物やコートなども預けられるので、気軽に利用して快適に美術館を回りましょう。

料金


曜日によって様々なサービスがありますが、基本料金は以下の通りです。

個人

大人24CAD
シニア(65歳以上)20CAD
学生(要学生証)18CAD
子ども(6〜12歳)$6.50
5歳以下のお子様無料
障害のある方該当する全入場料
(アテンダント1人無料入場料無料)

団体(10名以上、30名以下)

大人21CAD
シニア(65歳以上)17.75CAD
学生(要学生証)15.75CAD
子ども(6〜12歳)$6.30
5歳以下のお子様無料
障害のある方該当する全入場料
(アテンダント1人無料入場料無料)

ガイドツアー利用で入場料無料!


バンクーバー美術館では毎週木曜日、土曜日、日曜日にガイドツアーが提供されています。
なんとこのガイドツアーを利用すると、入場料が無料になっちゃうんです!ガイドもついて入場料も無料になるなんて、お得すぎますね。
利用しない手はありません。
ツアースケジュールは毎週変わるので、事前のチェックが必須です。

火曜日もお得!


火曜日の17時から21時は、寄付金による入場が可能です。
お金は苦しいけどせっかくバンクーバーにいるんだから訪れてみたい!という人にとっては、ありがたいですよね。

わたしも火曜日を狙って、10ドルを握りしめてお邪魔しました。(10ドル以上が推奨されているらしい!)

すべての寄付金は、学校プログラム、家族プログラム、10代アートグループ、美術館修復などに届けられるそうです。
お金がなくても芸術を楽しめて、それが将来の芸術の発展に寄与するなんて、本当に素敵な制度ですね。

「火曜日は長蛇の列」という口コミを読んだのでビビりながら火曜日に訪れましたが、1分も並ばなかったので胸をなでおろしました。

他にも上級ツアー、独占ツアー、グループツアーなどの様々なお得ツアーがあり、ツアーをコーディネートすることも可能!興味のある方はぜひホームページをチェックしてみてください。

アプリで音声ガイド


木曜日、土曜日、日曜日のガイドツアーを利用しない場合でも、アプリの音声ガイドをインストールできるんです!
自分のディバイスとイヤホンでガイドが聴けるって最高ですよね。

自分のディバイスにアプリをインストールするのが面倒な場合は、カウンターで音声ガイドを借りることもできます。しかも追加料金なし!

芸術に詳しくない人でも、美術館を楽しめるとっておきの道具ですね。

ただ日本語に対応していないのだけが残念。
英語とフランス語には対応しているので、リスニングのトレーニングと芸術の知見を深める一石二鳥です。


写真撮影OK!


美術館って、写真撮影を徹底的に禁止しているイメージありませんか?
ガードマンの渋くてイケてるおじさんに「写真撮ってもいい?」って質問すると、「Sure!」と満面の笑み。

おしゃれな絵画や有名な絵画の前では、お客さんが列を作って「映え」を狙っていました!
写真撮影OKで、美術館を回るのが10倍楽しく感じます。

ギャラリーカフェ


美術館の中にカフェが併設されています。高級感漂う雰囲気ですが、メニューには簡単なデザートなども用意されているようなので、ホッと一息つきたい時にうってつけ。

ギャラリーカフェの営業時間は、美術館の営業時間とは異なるので要注意です。

曜日営業時間
Mon9:00 - 16:00
Tue9:00 - 21:00
Wed9:00 - 16:00
Thu9:00 - 16:00
Fri9:00 - 16:00
Sat10:00 - 18:00
Sun10:00 - 18:00

ギャラリーストア


ギャラリーストアでは展示会に関するグッズやおしゃれな雑貨、出版物など幅広いラインナップが揃っています。

特別な体験の後にギフトショップに寄ると、ついつい財布の紐が緩んじゃいますね。うっかり両親にポストカードを買ってしまいました。笑
ポストカードだけで済んだのが奇跡なくらい素敵な商品が揃っていたので、帰る前にちらっと覗いてみてください。

ギャラリーストアの営業時間も、美術館の営業時間とは異なるので要注意です。

ちなみに!
5/6で終了だった村上隆展示会のグッズがまだ販売されていました!(ポスターはなんと20%OFF)

わたしは見逃したあああ!ってすごく後悔していたので、大きな額に入ったポスターを観られただけで幸福を感じました。笑
村上隆グッズがほしい方は、販売終了になる前に駆け込みましょう!

アクセス


ダウンタウンのど真ん中で、アクセス最高です!
最寄り駅のスカイトレインCity Centre駅から徒歩5分で着きます。

まとめ


美術館って教養のあるエレガントな人たちが静かにじっくりと絵画を眺めるイメージでしたが、全然そんなことなかったです!

たくさんの若い人たちがフォトジェニックを楽しんだり、家族連れの人たちがわいわいと体験コーナーを楽しんだり、老夫婦や学生らしき人たちが絵画の前で議論していたりと、多種多様な楽しみ方があることに気づきました!

イメージの中の美術館よりもずっとカジュアルなものなので、ふらっと訪れてみてはいかがでしょうか?