LifeStyle / Dec 30, 2018

1セントでも節約したい!?カナダ節約生活おすすめ小技

カナダに長期滞在するのならきっと誰もが意識する節約生活。自炊やシェアハウス以外にも方法はあるでしょうか?答えはYES!わたしが実践してきた方法をオススメ度とともにシェアします。

みなさんこんにちは!突然ですが…

諸君、わたしは節約が好きだ。
格安スーパーが好きだ。
セールと言う言葉が好きだ。
毎週金曜日のNo Frills(※)のフライヤーチェックが大好きだ。
○○% OFFというラベルを見た瞬間など心が躍る!

※黄色い看板が目印のカナダの大手格安スーパーマーケットチェーンです。毎週金曜日にフライヤーが更新されます。

留学やワーキングホリデーなど、カナダに長期滞在するにあたって節約を心掛けている人は多いですよね。自炊をしたりシェアハウスに住んだり、飲食店で仕事をしてまかないをゲットしたり、みなさんそれぞれに工夫されているかと思います。
でも、もっとほかの方法も知りたいと思いませんか?
今回は、上であげた以外にわたしが実践している節約小技をオススメ度も合わせてシェアしていきます。

ポイントカード活用(オススメ度★★★)

日本でもおなじみ、ドラッグストアやスーパーマーケットで発行できるポイントカード。こちらカナダでもいろいろなお店で発行することができますが、最大限に活用できていますか?
特にオススメはカナディアンスーパーストアやNo Frills、カナダドラッグストア大手のShoppersで使えるPC Optimumですが、普通にNo Frills等で買い物しただけではポイントは溜まりません。これを最大限に活用する方法はアプリをDLしてクーポンを利用することです。

それではどうするか、詳しく説明していきますね。
こちらが実際のアプリ画面⬇︎

一応わたしの実際に使っているものなので、番号部分は伏せさせてもらいました。
普通にポイントカードを持ち歩いてもいいですが、どうせアプリを使うならこのバーコードを実際の買い物の時にスキャンして利用するのがいいです。お財布の厚みもちょっと減らせますし。

こんな感じで毎週違ったクーポンが配信されますので、フライヤーと合わせてチェック!
指定商品を購入してポイントを貯めていきます。
特に上の画像のように、キノコやタマネギなんかは我が家的には絶対必要なので、クーポンの配信週にここぞとばかりに買います。
「今週はこれいらんねんけど来週使いたいわ」という場合には、クーポン4つまで翌週に回すことも可能ですのでそこも活用ポイント。

ドラッグストアのShoppers限定クーポンだと、「いくら以上買うとポイント何倍」といったものも定期的に配信されますので、この時を狙ってコンタクトレンズの洗浄液など絶対必要で値段がそこそこ張るものを購入するのがおすすめです。
下の画像は実際にこの類のクーポンを利用して買い物をしたときの一例。一回で10000ポイント(=10ドル相当)貯められたりするので結構大きいです。

食料品や衛生用品などは生活する上で欠かせない買い物ですので、No Frillsやスーパーストア、Shoppersが最寄りの買い出し先という方には絶対おすすめです。

空き缶空き瓶リサイクル(オススメ度★☆☆)

ダウンタウンを歩いているとよくホームレスの人が空き缶集めてますよね。別にそこまで頑張って空き缶を集めようよ!というわけではないのですが…。

スーパーマーケットなどでボトルや缶に入った飲み物を買ったことがある人は知っているかと思うのですが、購入時にRecycling FeeとDepositというのがチャージされてます。

こちらはスーパーマーケットでボトル入りのオレンジジュースを買った時のレシート。だいたいどこのお店でも、レシートにこんな感じで表示されていると思います。
このDepositに関してはその単語の通り「預けて」いるだけなので、容器を指定の場所に持って行けばお金を返してくれます。

集めたものをリサイクルセンターに持って行ってもいいのですが、お店によってはその店で買ったものに限り店頭で引き取ってくれます。
わたしの最寄りのスーパーマーケットでも引き取りを行っているので、持って行ったところ購入金額から下のようにDeposit分を20セント値引きしてくれました。(買い物が特にない場合には現金でも返してくれます。)

Depositの金額は容器のサイズや種類によりますが5〜20セントと超小額。これをいちいち集めてリサイクルセンターに持って行くのは時間と労力に見合わないと思うのですが、この方法なら買い物のついでに会計時に “I’m returning this/these.” と伝えてレジの人に空き容器を渡せばいいだけなので簡単です。
もしよければいつも買い物をするお店で確認してみてください。

外食するならHappy HourとGrouponを活用(オススメ度★★☆)

節約しているけれどたまには外食だってしたい!
分かります。学校や仕事で忙しい中、毎日3食作るのって結構大変です。
ということで最後は、外食時に使える節約方法をご紹介。

まずはHappy Hour!
特定の曜日・時間帯だけお得な値段でメニューが楽しめるこのサービス、日本でも実施している飲食店がありますよね。
例えばバーだと夕方6時まではビールが半額だったり、その他レストランでもお客さんのあまり見込めない月曜日などに実施している店舗が多いかなと思いますので気になるお店をチェックしてみてください。

もう一つはGrouponhttps://www.groupon.ca/)の活用です。サイトやアプリで ”ramen” とか “breakfast”とか食べたいものやお店の名前を入れると関連クーポンがいろいろと出てきますので、目的に合わせてお店をピックアップできます。
割引率はお店によって異なりますが、普通に外食しにいくよりも安く上がりますので利用しない手はありません。(※クーポンには利用期限がありますのでご注意ください。)
ただし、Groupon利用の場合でもTipを払うのはお忘れなく…。

まとめ


以上、カナダ生活におけるわたしのオススメ節約小技3つでした。
せっかくのカナダ滞在。楽しく賢く節約・貯金したら、まだ行ったことのない場所に旅行したりもできますよ!「これよさそうだな」って思っていただけたらぜひ実践してみてくださいね。